正しい口腔内ケアは虫歯や歯周病の予防だけでなく、歯垢のなかに含まれるとされるウイルスや菌も除去し、インフルエンザなどの感染リスクを下げるのにも役立つ。ただ、普通の歯ブラシを使った手磨きで正しい口腔内ケアをするのは難しい。

 そこでおすすめしたいのが、ブラウンオーラルBの電動歯ブラシ「オーラルB iO」だ。ブラウンオーラルBは、音波水流や丸型回転歯ブラシといった、最新技術を搭載した電動歯ブラシを多く販売するブランド。そのなかでも「オーラルB iO」は、なんとあのリニアモーターカーと同じ原理の駆動システム「リニアマグネティックシステム」を採用した、まさに最先端の電動歯ブラシなのだ。今回は、ひと足早くこの電動歯ブラシをゲットした筆者が 「オーラルB iO」の魅力を感想とともに紹介しよう。
 
「オーラルB iO」は本体に液晶ディスプレイが搭載。
設定や選択しているブラッシングのモードはこの画面で確認できる

リニアモーターカーと同じ原理で歯垢の99.7%を除去

 上記した通り、「オーラルB iO」にはリニアモーターカーと同じ原理の駆動システム「リニアマグネティックシステム」が搭載されている。これによって「遠心マイクロモーション」が発生し、ブラシ1本1本がしっかりと振動。手磨きと比較して約99.7%の歯垢を除去することが可能になっている。
 
付属の充電スタンドもマグネット方式を採用。
約3時間の充電で最大12日間の使用が可能だ

 そんなパワーがあるのだから、振動や振動音も大きいのかと思いきや、手に伝わる振動は穏やか。振動音も「ウィーン……」と控えめで、電動歯ブラシ初挑戦の筆者でもあまり気にならずに使えた。はじめは機械を口の中にいれることに緊張感を覚えていたが、ブラシが歯を包み込んでツルツルに磨き上げてくれる感覚が心地よく、とくに痛みも感じずに歯磨きを終えられた。

「スマート押し付けセンサー」で口腔内を守る

 手磨きでブラッシングしていると、つい手に力が入りすぎて歯や歯茎を傷つけてしまうこともある。しかし、「オーラルB iO」はブラシ圧が不適切だとランプが光って警告する「スマート押し付けセンサー」を搭載しているので、その心配はない。デフォルト設定だと、ブラシ圧が強すぎる場合は赤、弱すぎる場合は白、適切な場合は緑色に柄の部分が光って教えてくれる。
 
意識して圧力を調整しないと、すぐに赤や白のランプがついてしまうので結構難しい。
ランプの色は本体の設定で変更可能だ

 普段から歯茎の腫れや出血が気になり、ブラシ圧を弱くしてしまうという人は、選択できる7個の運転モードのなかから、「センシティブ」か「スーパーセンシティブ」を選択しよう。通常モードの「デイリークリーン」よりも細かく、小さな振動で優しく歯を磨くことが可能だ。
 
運転モードは本体下のボタンで簡単に切り替え可能。
ほかにも、舌磨きやホワイトニングに適した運転モードも選べる

アプリと連携してより良い歯磨きを習慣づけ

 オーラルB iOは、専用スマホアプリとの連携が可能。アプリでは、歯ブラシの使用履歴や平均時間などを閲覧できるほか、ブラッシング中に磨き残している箇所がリアルタイムで表示される「コーチング機能」を利用できる。あくまで目安だが、「磨き残しがあるかも」と歯磨きに時間をかけすぎてしまい、歯のエナメル質や歯茎を傷つけるリスクを減らせる。歯磨きにしっかり集中できるため、テレビやスマホを見ながらダラダラとクリーニングを続けてしまう人にもおすすめだ。
 
人工知能がアプリを通し、磨き残した箇所をリアルタイムで教えてくれる。
徐々にきれいになっていく様子が可視化できるので楽しい

 適切なブラシ圧と時間で歯磨きできると、本体の液晶画面やアプリに笑顔マークが表示されるというユニークな機能も搭載されている。反対に、うまく磨けなかったときはしかめっつらマークが画面に。最初は「子どもっぽい機能だな」と思ったが、笑顔マークが出るとやはり嬉しく、表示されないと自ずと改善点を考えるので、より良い歯磨き習慣に役立つだろう。
 
「1日2回の歯磨きを2週間続けた」などといったメダルを獲得できるのも、
より良い歯磨き習慣を身につけるのに役立つ

 「オーラルB iO」はブラウンオーラルBのなかでも上位モデルということで、実売価格は4万3780円とやはりお高め。しかし、歯科での定期健診を怠りやすい日本人にとっては心強い味方になると言えるだろう。(TEKIKAKU・山崎理香子)