米Amazonは、スマートスピーカー「Amazon Echo」シリーズの新製品として、デザインを一新した「Echo」「Echo Dot」「Echo Dot with clock」「Echo Show 10」を9月25日に発表した。Echo、Echo Dot、Echo Dot with clockに関しては、すでに国内での予約受付を開始しており、Amazon.co.jpで10月22日の出荷を予定している。Echo Show 10は年内の出荷予定。

「Echo」「Echo Dot」「Echo Dot with clock」「Echo Show 10」がデザインを一新

 新しいEchoは、デザインをさまざまな空間に映える球体の、ファブリック仕上げに変更した。本体に3インチのウーファーと2基のツイーター、「Zigbee」対応のスマートホームハブを備えており、Bluetooth Low Energy(BLE)にも対応している。

 さらに、機械学習の高速化に対応する新開発のシリコンモジュール「第1世代AZ1ニューラル・エッジ・プロセッサ」を搭載し、ニューラル音声認識機能がAmazon Alexaへリクエストを迅速に伝え、早く応答するよう働きかける。現時点では、米国のみ対応しており、今後日本での提供も予定する。

 なお、新しいEchoとEcho DotでもEcho Dot with clockで好評のアラームをタップしてスヌーズする機能に対応している。税込み価格は1万1980円。

 新しいEcho Dotは、Echoと同じく球体でファブリック仕上げのデザインを採用した。コンパクトな本体ながら、パワフルで明瞭なボーカルと、バランスのよい低音によって、豊かなサウンドを再生する。カラーは、チャコール、グレイシャーホワイト、トワイライトブルーの3色を用意した。税込み価格は5980円。

 新しいEcho Dot with clockも、Echo Dotと同様の改良が行われるとともに、シンプルなLEDディスプレイで時刻や気温、タイマー、アラームを簡単に確認できる。カラーは、グレイシャーホワイト、トワイライトブルーの2色。税込み価格は6980円となっている。

 新しいEcho Show 10は、ユーザーの動きに合わせて回転し、左右に向きを変える10インチのディスプレイを備えており、部屋のどこにいても常にディスプレイを見ながらAmazon Alexaに話しかけられる。また、自動フレーミング機能を搭載した13メガピクセルの高解像度カメラによって、ビデオ通話中に部屋の内を移動しても、画面から外れてしまうことはない。

 本体に2基のツイーターと強力なウーファーを搭載し、設置空間の音響特性を自動で感知しつつ、指向性を備えたサウンドとエンターテインメントを提供する。さらに、高度なコンピュータビジョンアルゴリズムを採用することで、「Echo Show」シリーズやスマートフォンのAlexaアプリからEcho Show 10のディスプレイを回転させ、部屋全体を見渡せるようになっている。

 なお、Echo Show 10のカメラを回転させる機能は、マイクやカメラのオン/オフボタンでオンとオフの切り替えが可能なほか、カメラカバーのスライドや、Alexaアプリからも無効化できる。また、Echoと同じく第1世代AZ1ニューラル・エッジ・プロセッサを搭載している(現時点では米国のみ利用可)。

 カラーは、チャコール、グレイシャーホワイトの2色をそろえている。税込み価格は2万9980円。販売・予約注文を開始した際、メールで知らせるサービスを実施する。