スプリードは、洗って繰り返し使える夏用マスク「DRY×DRY Ag+」をオンラインショップのアニバーサリードットコムで7月8日に発売した。カラーは、ホワイト、ピンク、デニム(グレー)、デニム(ブラック)、ビオラ、ポーリーポーリー、パステルマーガレット、ミリタリー、プリティハートの9色。税込み価格はラージサイズ(一般的な成人用)が1540円、キッズサイズ(一般的な学童用)が1430円。

DRY×DRY Ag+

 DRY×DRY Ag+は、「DRY STATUS」をベースにしたAQUA HOLE加工の素材生地を使用。内部の肌に接する面には凹凸を備えており、凸部分先端のみ撥水加工を施している。ベースの生地に吸水加工を施し、汗は凹部分に吸収されるため、肌へのべたつき感を防げる。

 そのほか、抗菌・抗ウイルス作用を備えたハイパーイオンを施し、洗濯しても加工が落ちることはない。また、耳ひもに長時間使用でも痛くならないソフト特殊素材のウーリー糸を使用する。

 DRY×DRY Ag+には、同社が70年間培ってきた繊維加工技術が用いられており、立体マスクのオリジナル裁断パターン作成から縫製加工まで、全て自社で行っている。