ソニーは7月1日、専用インナーウェアの首元のポケットに入れて使う“着るクーラー”の「REON POCKET RNP-1A」を発売。家電量販店や雑貨店、ソニーストア、ECなどでの一般販売を開始した。税別価格は1万3000円。東レインターナショナルと共同開発した「専用インターウェア RNPS-C1VA」は1800円。カラーは、ホワイトとベージュを用意。サイズは、S/M/Lをそろえる。

ソニーの“着るクーラー”「REON POCKET」

 REON POCKETは、ソニーのスタートアップ事業を支援する「Sony Startup Acceleration Program(ソニー・スタートアップ・アクセラレーション・プログラム)/SSAP」から生まれた商品。2019年夏にソニー運営のクラウドファンディングのプラットフォームサイト「First Flight(ファースト・フライト)」でクラウドファンディングを実施したところ、開始から1週間で目標額の6600万円を達成。販売への要望が多かったことから事業化を決めた。

 本体を専用インナーウェアの首元にあるポケットに入れて、スマートフォン(スマホ)のアプリとBluetooth接続をすれば、冷温それぞれ4段階の温度調節ができる。
 

 本体には、専用設計された半導体のサーモモジュール(ペルチェ素子)に通電することで、急速な冷却や温熱が可能になっている。例えば、夏の30℃の環境下では、本体接触部分の体表面温度が約5分経過後に約13℃下がる。同じように、冬の室温15℃の環境下で使うと8.3℃温かくなる。
 

 アプリには三つのモードを搭載。「オートモード」は、本体搭載の複数のセンサーによって、本体内部や冷温部の温度変化、行動を感知して温度を自動的に調節する。行動の検出には、ソニーのR&Dセンターが開発した独自のモーションセンシング技術を採用している。

 「マイモード」は、COOL/WARMの繰り返しやオフタイマーなどの設定が可能。動作時間を設定することで、近所の買い物や自宅、職場での使用など、ユーザーの活動シーンに応じたパターン設定ができる。

 「クイック起動」は、スマートフォンからの操作が不要な本体のボタンを押すだけで起動するモード。本体単独で手軽に利用できる。

 重さは約89グラム。サイズは幅54×高さ20×奥行き116ミリ。使用温度範囲は5~40℃。充電時間が約2.5時間で、充電池持続時間が冷却時に約2.5時間、温熱時に約2時間となっている。

 開発や製品化までの経緯については関連記事を参照してほしい。

<関連記事>どうしてソニーが猛暑対策グッズ?「REON POCKET」の開発者に聞いた(https://www.bcnretail.com/market/detail/20190726_129743.html)