Razerは、手が小さな人でも持ちやすいサイズ感で、重さ61gと軽量なゲーミングマウス「Razer Viper Mini」を3月19日に国内で発売する。価格は5280円。

Razer Viper Mini

 Razer Viper Miniは、軽量で左右対称デザインを特徴とする「Viper」シリーズの新モデル。従来モデルのRazer Viperから長さが約8mm、グリップ幅が約4mm狭くし、手が小さい人でも持ちやすいデザインとした。

 また、重さは61gと、Razer史上最軽量クラスを達成した。上下方向にエイム操作する頻度が高いFPS(First Person Shooter)・TPS(Third Person shooter)などでは、指先の動きだけで素早く対応しやすい「つまみ持ち」をするプレーヤーが多く見られるが、指先だけでマウスを扱うため負担が大きくなるという問題があった。軽量でコンパクトなRazer Viper Miniは、つまみ持ちでも疲れにくく、快適にプレーできる。

 スイッチは、物理的な接点を持たない光学式の「Razerオプティカルマウススイッチ」を搭載。応答速度が0.2ミリ秒、耐クリック回数が5000万回を実現した。PTFE100%の素材で作ったソールは、耐久性が高い上に摩擦係数が低く、マウスの滑りが良い状態を長くキープする。ケーブルは、しなやかで断線しづらい「Razer Speedflexケーブル」を採用している。

 マウス本体には、プログラム可能なボタンを6個備え、PCソフト「Razer Synapse 3」から自由にマクロを割り当てられる。同ソフトでは、マクロやDPIを設定することも可能。これらマクロやDPIなどを設定したプロファイルは、マウス本体に保存できるため、異なる環境でも常に同じ設定でゲームを楽しむことができる。

 約1680万色の光でデバイスを彩るライティングシステム「Razer Chroma」にも対応。底面後ろ側からデスクに向けて光るアンダーグロー式ライティングにより、間接照明のような柔らかい光でプレーシーンを演出する。さらに、Razer Synapse 3でライティングの色やエフェクトを設定することもできる。