ボーズは10月3日、世界初の音声による拡張現実プラットフォームを組み合わせたサングラス型ヘッドホン「Bose Frames」の国内販売を開始した。価格は税別2万5000円。オプションの「Bose Frames Lens Collection」は、偏光タイプのミラードシルバーが3500円、非偏光タイプのブルーグラディエントが2500円。

サングラスで音楽を聴くボーズの「Bose Frames」が国内販売を開始

 Bose Framesは、ボーズ史上最小・最薄・最軽量の音響システムを搭載したウェアラブルオーディオ。独自のオープンイヤー設計でパーソナルオーディオの新しいスタイルを提案する。音楽やコンテンツのストリーミング再生だけでなく、通話や音声アシスタントにも対応する。
 
デジタルデバイスと感じさせない「Bose Frames」のデザイン
 
内側に充電用の端子を搭載する

 ARプラットフォーム「Bose AR」にも対応。レンズに視覚的なイメージを映し出す一般的なARレンズと異なり、9軸ヘッドモーションセンサーや接続デバイスのGPS情報を使用することで、ユーザーの現在地や向いている方向を認識し、音のみで拡張現実に関連するさまざまなコンテンツを利用することができる。

 サングラスとしての機能性も追求しており、UVA(紫外線波)とUVB(紫外線波)を最大99%カット。専用の交換レンズを用意し、ユーザーのニーズに合わせた用途で使用できる。デジタルデバイスと感じさせないシンプルでモダンなデザインも魅力。重さは45gと軽量で、装着感にもこだわった。
 
交換レンズ(偏光タイプのミラードシルバー)
 
交換レンズ(非偏光タイプのブルーグラディエント)

 バッテリはリチウム電池で、付属のポゴピンケーブルに接続して充電する。最大3.5時間の連続再生、最大12時間のスタンバイモード待機に対応。2時間未満でフル充電することができる。汚れ拭き用の布製ポーチと保管用の保護ケースを付属する。