アップルからAIアシスタントのSiriを内蔵するスマートスピーカー「HomePod」が、8月23日にいよいよ国内で発売された。HomePodは2018年2月に北米、英国、オーストラリアで先行発売されたアップル初のスマートスピーカー。今回、Siriの日本語対応など万全を期して登場した新製品をレビューする。

8月23日に国内販売を開始したアップルの「HomePod」を速攻レビュー

円筒形のやさしいデザインに妥協のないサウンド設計

 アップル純正のオーディオ製品と言えば完全ワイヤレスイヤホン「AirPods」が人気だが、据え置き型のスピーカー製品は本当に久しぶりだ。アップル製品のファンの中には本機が日本にやってくることを待ちわびていたという方も少なくないと思う。

 本体は高さ約17.2cmの円筒形。エッジに柔らかい丸みを持たせて、表面の素材にはファブリックを使っている。一目見ただけではエレクトロニクス機器であることがわからないようなやさしいデザインに仕上げている。
 
円筒形の本体。きめの細かなファブリック素材を採用する

 本体に凹凸や穴はなく、天面がタッチセンサー方式のコントローラーになっている。電源ケーブルは本体固定式。ケーブルが設けられている方が一応背面ということになるが、筐体の内部には360度につながりの良い音を広げられるよう、ベルト状に7基の中高域用トゥイーターユニットを配置して、さらに上部には上に向けて低域用のウーファーを搭載している。

 音声コマンドをピックアップするためのマイクユニットは6基のアレイシステムを筐体内部に、360度方向に均等間隔で配置して正確な音声認識を実現する。カラーバリエーションにはホワイトとスペースグレイの2色がある。

HomePodの設定方法と使い心地

 HomePodができることは、iPhoneやiPadでおなじみのAIアシスタント「Siri」とアップルの定額制音楽配信サービス「Apple Music」を連携させた、ボイスコントロールによる音楽リスニングがメインになる。このほかにもSiriに最新の天気やニュースなどWeb情報を聞いたり、ユーザーのApple IDに紐づいたカレンダー、リマインダーの情報確認、メッセージの送受信、ハンズフリー通話などがある。

 アップルのスマートホームのプラットフォームである「HomeKit」に対応するスマート家電、IoT機器をHomePodから音声で操作することも可能だ。なお1台のHomePodにペアリングできるiOSデバイスは1台までとなっている。

 スピーカーの初期設定にはiOS 12.4以降を搭載するiOSデバイス(iPhone/iPad/iPod touch)のほか、設置する環境にWi-Fiネットワークが必要だ。iOSデバイスをアンロックした状態でHomePodに近づけると画面にHomePodのアニメーションが表示される。iPhoneなどでAirPodsを使ったことがある方にはお馴染みのペアリング方法と一緒だ。
 
iOSデバイスでセットアップ。Wi-FiとBluetoothをオンにして近づけるとHomePodを自動で認識。「設定」をタップ後、設置する部屋のタイプ(リビング、ベッドルーム、玄関など)などいくつかの項目を選択する

 あとはガイダンスに従うだけで難なく設定が完了する。iPhoneユーザーにとっては、おそらく最も簡単に設定ができて、操作性も含めて親しみやすいスマートスピーカーであると言えそうだ。

 セットアップ後にSiriに話しかけてみる。AIアシスタントのウェイクワードはiPhoneでもおなじみの「Hey Siri」だ。Siriが反応するとスピーカー天面のLEDライトが点灯する。少し離れた場所から話しかけてしまい、天面のLEDが見えない時にも「はい」と音声で応答を返してくれるので、コマンド入力の待機状態であることがわかる。
 
Hey Siriと話しかけると天面のLEDライトが点灯する

 夜中に家族が寝静まった後など声を出しづらい時間帯には、天面のタッチセンサーを長押ししてSiriを起動することもできる。タッチセンサーでは音楽再生の簡易なコントロールやボリュームのアップダウンも可能だ。
 
スピーカーの天面にはタッチセンサーを内蔵。
Siriの起動や音楽再生・通話の簡易な操作が行える

 静かな室内であれば見通し距離が10mほど離れた場所から、Hey Siriと小さな声で呼びかけても反応してくれた。音声コマンドの認識は正確でレスポンスも機敏だ。1週間ほど使ってみた限りでは、勝手にSiriが起動するような誤作動もない。

 Siriに話しかけた音声コマンドの内容は暗号化処理がかけられてからアップルのサーバーに送られるため、ユーザーがどんなことにHomePodを使っているかなどプライバシーは守られるように設計されているというから安心だ。

 Siriは日本語の合成音声に若干のたどたどしさがあったり、Apple Musicで検索した日本人ミュージシャンの漢字の読み仮名をたまに間違えることもあったが、実用に問題はないと感じた。

 HomePodはリビングルームなど家族が集まるスペースに置いて使われることが想定されているデバイスなので、ペアリング登録されているiOSデバイスのユーザー意外に、誰でもHey Siriと話しかけて使うことができる。個人を識別する機能は非搭載。カレンダーやメッセージについては話しかけたユーザーの声紋を認識して「私の情報」だけを引き出せる機能が欲しい。

PR


 また、Hey Siriと発話して起動する必要がある。一定の会話のインターバルを置いて連続会話ができる機能もあるとさらに便利になりそうだ。将来機能アップデートにより音声操作に関連する使い勝手がますます向上することを期待したい。

[次のページ]音質はトップクラス! 場所に応じてベストサウンドを生成

  • 1
  • 2

次へ