ソースネクストは7月26日、都内で会見を開き、通訳機「POCKETALK(ポケトーク)」の次世代モデル「POCKETALK W」を9月7日に発売すると発表した。これまでよりも画面が大きくなり、翻訳スピードも飛躍的に向上した。

次世代通訳機「POCKETALK W」

 あいさつした松田憲幸代表取締役社長は、「従来機種は大変な人気を獲得。予想以上の売れ行きで、接客業などさまざまな企業で採用されている。新製品は自社開発でユーザーからの声を反映しており、これまで以上に広めていきたい」と意気込みを語った。
 
新製品を紹介するソースネクストの松田憲幸代表取締役社長

 「POCKETALK W」は、従来機種よりも画面が3.2倍大きくなり、タッチ操作が可能。Wi-Fi使用時の翻訳スピードは7.5倍に向上した。対応言語は、インド英語やオーストラリア英語など74か国語に増え、地方によるアクセントの違いにもある程度対応。翻訳精度も格段にアップした。
 
ユーザーの声を拾い集めて新製品開発に生かした

 0.8W×1だったスピーカーは1.5W×2に増設。音量と音質が大きく改善した。ユーザーが挿入する必要があったSIMについては、105の国と地域で使えるソラコム製のグローバル通信SIM(eSIM)を内蔵型し、箱から取り出してすぐに使えるようになった。eSIM搭載の通訳機は世界初。
 
右のチップ型SIMを搭載している

 このほか、音声で言語を選択したり、翻訳履歴をクラウド上に無制限で保存できたりと、多彩な機能を備える。将来的には、翻訳履歴はPCやスマートフォンなどのデバイスでも確認できるようになる。音声入力開始時の操作は、物理ボタンに変更した。
 
PCやスマートフォンなど、ほかのデバイスでも翻訳履歴を確認できるようになる

 カラーバリエーションはブラック、ホワイト、ゴールドの3色。税別価格は、2年間使えるeSIMを搭載したモデルが2万9880円、本体のみが2万4880円。専用のシリコンケースや画面保護シート、ポーチやネックストラップなど、アクセサリーも充実している。
カラーバリエーションはブラック、ホワイト、ゴールドの3色
 
アクセサリーも充実

 松田社長は、「POCKETALK Wは、当社が自社開発した製品なので、世界展開が可能になった。『言葉の壁をなくす』というミッションを実現するため、通訳機の活躍の場を世界中に広げ、グローバルメーカーを目指す」と展望する。