ソニーモバイルコミュニケーションズは4月11日、完全ワイヤレスのオープンイヤーステレオヘッドセット「Xperia Ear Duo XEA20」を発表した。4月21日に発売する。価格はオープンで、実勢税別価格は3万円前後の見込み。

イヤホンと外の音を同時に聞くことができるデュアルリスニングを実現した「Xperia Ear Duo」
イヤホンと外の音を同時に聞くことができるデュアルリスニングを実現した「Xperia Ear Duo」

 耳を塞がない独自の音導管設計で鼓膜にダイレクトで音を伝える新機構を採用。クリアなオープンサウンドを再生しながら、周囲の音も自然に取り込むデュアルリスニングを実現した。周囲の環境に合わせて自動で音量を調整するアダプティブボリュームコントロール機能も備える。
 
「Xperia Ear Duo」の装着イメージ
「Xperia Ear Duo」の装着イメージ

 操作は本体のタッチパッドで行う。タップの回数で曲の再生/一時停止/送り/戻し、上下になぞって音量を調整、長押しでグループチャットアプリ「Anytime Talk」やボイスアシスタントを起動する。また、うなずいたり、首を振ったりしてアシスタントの呼びかけに応答するヘッドジェスチャーにも対応する。
 
「Xperia Ear Duo」の表面と裏面。イヤーチップの部分に穴が空いており、外からの音を遮断しない。本体のロゴが刻まれている部分がタッチパッドになっており、タップやなぞることで本体を操作できる
「Xperia Ear Duo」の表面と裏面。イヤーチップの部分に穴が空いており、外からの音を遮断しない。
本体のロゴが刻まれている部分がタッチパッドになっており、タップやなぞることで本体を操作できる

 耳の上ではなく下に掛けるスタイルも「Xperia Ear Duo」の特徴。耳の下部は上部に比べて個人差が少ないので、誰であってもフィットしやすい構造なのだという。耳に負荷がかかりにくかったり、眼鏡と干渉しなかったりするメリットもある。
 
人間工学に基づいた、さまざまな耳の形状にフィットする「下掛け」スタイル
人間工学に基づいた、さまざまな耳の形状にフィットする「下掛け」スタイル

 左右の通信方式はNFMI(Near Field Magnetic Induction)を採用し、低遅延で安定した接続状態を維持するので、動画視聴も快適に楽しめる。薄型の円形のケースはフルバッテリで3回分の充電が可能。約7分で約1時間の急速充電にも対応する。
 
専用の充電ケースは3回分の充電が可能
専用の充電ケースは3回分の充電が可能

 前モデル同様に独自のボイスアシスタント「Assistant for Xperia」に対応。電話やメッセージ、ニュース、スケジュール、ナビゲーションといった多彩なアクションが可能だ。また、新たに「Assistant for Xperia」以外のボイスアシスタントとも連携。とくにLINEの「Clova」は「Assistant for Xperia」を使いながら呼び出すことができ、ハンズフリーでLINEメッセージを作成・送信することができる。
 
音声でLINEメッセージを作成・送信することが可能
音声でLINEメッセージを作成・送信することが可能

 カラーは、ブラックとゴールドの2色。重さは各約10.6gで、充電ケースは約76g。連続再生時間は約4時間、連続通話時間は約2.5時間。連続待受時間は約22時間なので、1日中装着することもできる。通信方式はBluetooth 4.2/LE、対応コーデックはSBC/AAC。S/M/Lのリングサポーター、USB Type Cケーブルが付属する。