デロンギ・ジャパンは3月30日、「ブラウン ハウスホールド」ブランドから、国内初の電気ケトル「ブラウン ピュアイーズ 電気ケトル」を発売した。カラーは、ブラック(WK3000BK)とホワイト(WK3000WH)の2色。価格はオープンで、税別の実勢価格は4900円前後。

201804021209_1.jpg
ブラウン ピュアイーズ 電気ケトル

 容量1.0Lのコンパクトサイズながら、ブラウン史上最小の小さな底面で狭いキッチンでも使える。人間工学に基づいたハンドルは、お湯を注ぐ動作を追求して設計し、満水時でもしっかり握れて注ぎやすい形状。フタを開閉する必要のない広い注ぎ口なので水道から直接給水でき、傾斜のかかったデザインで安定した注ぎをサポートする。
 
201804021209_2.jpg
注ぎやすいハンドルと水道から直接給水できる広い注ぎ口

 沸騰時や空だき時、電源ベースから外れた際に自動で電源をオフにする安全機能を搭載し、湯沸かし中はグリーンのランプで知らせる。

 なお、デザインは、世界最大級のデザインコンペ「PLUS X AWARD」で2016年度の「デザインチーム・オブ・ザ・イヤー」を受賞したデザインチームが手がけている。