吉本興業は3月7日、東京・渋谷のヨシモト∞ホールで会見を開き、eスポーツ事業に本格参入する方針を発表した。選手の発掘や育成、イベントの開催や動画配信を通して、日本のeスポーツ産業の創出を目指す。

201803071218_1.jpg
吉本興業がeスポーツ事業へ本格参入する

 事業の内容は3つ。プロチーム「よしもとゲーミング」の運営、ゲーム実況動画の配信、イベント・大会の実施だ。よしもとクリエイティブ・エージェンシー スポーツ事業センターの星久幸センター長は「eスポーツは、2020年には世界で約15億円の規模になる。当社の持つプラットフォームを活用して、盛り上げていきたい」とコメントした。
 
201803071212_2.jpg
よしもとクリエイティブ・エージェンシー スポーツ事業センターの星久幸センター長

 プロチームは4チーム編成する。「DeToNator」と協業して外国人選手で編成する「よしもとデトネーター」は、賞金総額20億円を超える大会が開催される「Dota2」部門で世界一を目指す。「アキハバラ エンカウント」とタッグを組んで日本人選手を中心に編成する「よしもとエンカウント」は、「Overwatch」部門で台湾リーグに参戦。「よしもとリバレント」は、「Shadowverse」部門に参戦。「よしもとエクストラクター」は、「ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT」に参戦する。

 また、プロゲーマーのマネジメント事業にも参入する。プロゲーマーのジョビンさん、西澤祐太朗(裏切りマンキーコング)さん、小池竜馬(元マケレレ)さんの3人は、よしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属することになる。発表会では次長課長の井上聡さんら、よしもとのゲーム大好き芸人たちがプロゲーマーに挑み、圧倒的な実力差で敗れた。
 
201803071212_3.jpg
元格闘家プロゲーマーのジョビンさんに挑む、よしもとのゲーム大好き芸人たち

 動画配信事業では、「twitch」「OPENREC.tv」など配信プラットフォームでのゲーム実況配信、「ニコニコ動画」や「AbemaTV」といったインターネット配信番組でのゲーム番組出演など、配信メディアを中心としたタレント活動を展開する。イベント・大会では、よしもとが運営している劇場や大型ショッピングモール・映画館などでeスポーツイベントを開催。eスポーツに関連した常設劇場が数少ない現状の打開を目指す。