モトローラ・モビリティ・ジャパンは10月26日、秋葉原で会見を開き、ハイエンドSIMフリースマートフォン「Moto X4」と、拡張モジュール「Moto 360 カメラ」および「Motoゲームパッド」を発表した。それぞれ10月27日より順次発売する。

201710261347_2.jpg
Moto X4。カラーはスーパーブラック


 Moto X4はハイエンドシリーズ「Moto Xファミリー」の第4世代モデル。IP68相当の防水機能に2.2GHzオクタコアプロセッサーを搭載。筐体背面にはメインカメラとして1200万画素と800万のデュアルカメラを、フロントカメラにも1600万画素のカメラを搭載した。「スーパーブラック」と「スティーリングブルー」の2色展開で、価格は税別で5万3800円。

 Moto 360カメラは4Kでの360°動画撮影および静止画撮影ができる。スマートフォンにインストールした専用のソフトウェアを使用すると撮影直後に好きな編集が可能となり、ソーシャルメディア上でのライブストリーミング配信にも対応する。価格は税別で1万1800円。 

 Motoゲームパッドは2つのコントローラスティック、十字キーなどの物理的なボタンを備える。1035mAhのバッテリーを内蔵し、スマートフォン本体の充電を使わず、充電無しで最長8時間の連続使用が可能。 価格は税別で2万9800円。Moto 360 カメラ、Motoゲームパッドのいずれも、モトローラのフラッグシップスマートフォン「Moto Z ファミリー」の着脱できる機能モジュール「Moto Mods」の追加モデルとなる。(BCNメディア編成部)
 
201710261351_1.jpg
登壇したモトローラ・モビリティ・ジャパンのダニー・アダモポウロス代表取締役社長と、
島田日登美プロダクトマネージャー