日本HPは8月25日、高レベルのセキュリティ機能を搭載したモジュラー型POSシステム「HP ElitePOS」を順次、販売開始することを発表した。本体の税別価格は15万円から。


モジュラー型のPOSシステム「HP ElitePOS」

 「HP ElitePOS」は従来の小売業界で使用されている大型の箱型POS端末と違い、タブレットを使ったモジュラー型を採用。支払い用途だけではなく、対話型のデジタルサイネージや、店頭外の商品購入も可能。ディスプレイの操作部とシステム、周辺機器との接続を分離し、様々な場所に設置が可能となる。

 また、指紋認証リーダーや外部からのマルウェア攻撃が発生した場合に、自己修復型BIOSにより自動的にデバイスを修復する機能など、高レベルのセキュリティ機能を搭載している。

  本製品は、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(取り扱いアプリケーション「Yourcegid Retail Y2」)、株式会社ヴィンクス、シャープビジネスソリューション株式会社、株式会社 ソリマチ技研、株式会社日立ソリューションズなどの各社から販売、サポートされる予定。(BCNメディア編成部)