AirSelfieは、4つのプロペラを備え、飛びながら撮影できるポケットサイズのカメラ「AirSelfie」を5月に発売する。公式サイトで予約を受けつけており、税込価格は、本体を収納・充電するスマートフォンケースとのセットが3万1598円、複数回充電できるケース「パワーバンク」とのセットが3万2818円。「パワーバンク」単体は1万4円。


スマホケースとセットで販売する「AirSelfie」

 次世代の「自撮りツール」を目指して開発した。スマホとはWi-Fiで接続し、アプリで操作する。本体に4GBのmicroSDカードを内蔵し、静止画は500万画素、ビデオは1080pの30fpsで記録可能。通信範囲から外れてしまった場合は、その場でホバリングする。
 

約3分間飛行できる

 サイズは、予備バッテリを兼ねた専用のケースに、スマホと一緒に収納しておけるほど小型。収納するだけで「AirSelfie」の充電が可能で、バッテリ容量は本体が7.4vの260mAh、ケースは3.7vの1800mAh、充電用のケースは3.7vの1万2600mAh。満充電で約3分間飛行できる。
 

「AirSelfie」で空中から撮影したセルフィー

 スマホのカメラなどで自分自身を撮影する「セルフィー」が定着しつつある。「AirSelfie」を活用すると、最大20mの高さから、スマホやデジカメを取り付けた自撮り棒を伸ばしても撮影できないようなアングルや視点で撮影でき、セルフィーはもちろん、イベント撮影や監視など、多彩な用途で活用できる。
 

AirSelfieが描く、セルフィーの進化予想図

 日本にはドローンに関する規制(改正航空法)があるが、「AirSelfie」の重さは61gなので規制対象にはならず、飛ばせる範囲が広い。3月23日に開催した製品発表会で、発案者のエドアルド・ストロッピアーナ氏は「自撮り棒にとって代わることになるだろう」と意気込みを語った。