カシオ計算機は、防水性能と耐環境性能を備えたアウトドア向けリストデバイス「Smart Outdoor Watch」の新製品として、オフラインで使えるカラー地図を搭載した「WSD-F20」を4月21日に発売する。カラーは、オレンジ、ブラックの2色。税別価格は5万1000円。


WSD-F20

 OSにAndroid Wear 2.0を採用し、低消費電力GPSとオフラインで使えるカラー地図を活用した多彩なオリジナルアプリを搭載。行先の地図を事前にダウンロードしておけば、GPS情報と組み合わせ、オフラインでも自身の位置を確認できる。

 「ロケーションメモリー」は、サイドボタンで起動してただちに現在位置を確認できるほか、地図上に音声入力による文字のメモやマークを残すことができ、ナビゲーション機能やリマインド機能も備える。このほか、トレッキング、サイクリング、フィッシングなどの各アクティビティ中に、計測データを計測する「アクティビティ」や「MOMENT SETTER」、自然環境の変化や活動量を把握する「ツールアプリ」などを搭載する。

 本体には、従来機種「WSD-F10」と同様に、モノクロ液晶とカラー液晶を重ねた二重構造を採用し、モノクロ液晶で時刻を常時表示するとともに、カラー液晶で地図や計測情報、アプリを表示する。5気圧防水に対応しており、タッチパネル部には指紋汚れがつきにくい防汚コーティングを施し、米国防省のMIL規格に準拠した落下、振動などに耐えるタフネス性能を実現した。

 このほか、GPSと地図を活かした新デザインのオリジナルウォッチフェイス「ロケーション」「トラベラー」、GPS情報による仲間の位置表示やテキストメッセージのやり取りが可能なアプリ「CASIO MOMENT LINK」、カシオ製のコンパクトデジタルカメラ「EXILIM Outdoor Recorder EX-FR100/EX-FR200/EX-FR110H」との連携機能などを追加している。
 

新ウォッチフェイスの「ロケーション」(左)と「トラベラー」

 バッテリ駆動時間は、通常使用なら約1日以上、時計のみの使用なら約1か月以上。対応OSは、Android 4.3以降、iOS 9以降(iPhone 5以降)。サイズは幅57.7×高さ61.7×奥行き15.3mmで、重さは約92g。