KDDIは5月26日、「au」の携帯電話を中心に、携帯電話の歴史を図鑑形式で振り返るコンテンツ「auケータイ図鑑」を公開した。

201605271744_1.jpg
「auケータイ図鑑」のトップページ

 携帯電話が登場した1980年から約30年間の出来事とともに、当時の懐かしい携帯電話を振り返る「TIME & SPACE」の特別企画「おもいでタイムライン」の一環。「TIME & SPACE」の記事もあわせて読むことができ、「“ケータイとおもいで”の図鑑」と位置付ける。

 1988年から2015年まで、年ごとに、au携帯電話を一覧で表示。各製品の写真をクリックすると、製品名、発売時期、メーカー、特徴などを確認でき る。2010年3月発売の「IS03」や2007年12月発売の「INFOBAR 2」など、一部の機種では、起動画面の動画も視聴できる。
201605271744_2.jpg
スマートフォンもケータイもラインアップしていた2011年

 携帯電話黎明期のショルダーフォンから、ストレート型、折りたたみ型、サイクロイド型など、かつて主流だったさまざまな形状のケータイ、最新スマート フォンまで、紹介している携帯電話は600機種以上。「au」ブランド統合前のIDO、ツーカー、セルラーグループの端末や、iPhoneシリーズも取り 上げている。

 年ごとに、注目機種を大きく表示。例えば、2000年は、au初の音楽再生機能付きケータイ「DIVA C404S」、2003年は、au design projectの第1弾「INFOBAR」、2011年は「Windows Phone IS12T」をピックアップしている。