キタムラ、ARアプリ「Clip」の「うごく写真」のプリントサービス開始

サービス

2015/02/12 14:17

 キタムラは、AR(拡張現実)アプリ「Clip(クリップ)」を提供するワールドリミテッドと提携し、「うごく写真」のプリントサービスの提供を全国900店舗の「カメラのキタムラ」で開始した。税込み料金は、Lサイズが150円、2Lサイズが250円。

全国の「カメラキタムラ」で「うごく写真」をプリントできる

 「Clip」は、スマートフォン上で動画データを「うごく写真」にしてプリントできるARアプリ。思い出の動画を写真に埋め込み、撮影時の雰囲気をそのまま伝えるので、文字や写真だけでは伝わらない、子どものかわいい仕草やしゃべり声などを一枚の写真で残すことができる。「Clip」を立ち上げてQRコードにかざすと、「うごく写真」を見ることができる。これまでの「ネットでプリント」「コンビニでプリント」に加えて、店頭でプリントできるようになった。

ワールドリミテッドのARアプリ「Clip」のアイコン(イメージ)

 キタムラとワールドリミテッドは、「Clip」の活性化に向けた啓発活動やPR活動に加え、「Clip」を活用した写真プリントの新サービスを提案。「Clip」ユーザーに新たなコミュニケーションの創造と価値を提供していく。第一弾として、ホリプロとともに「うごくアーティスト写真(うごくアー写)」のプリントサービスを2月14日に開始する。

ワールドリミテッドとキタムラは、幼い子どもを持つ家庭への普及に取り組む

 ワールドリミテッドは、今回の提携に合わせて、ピアニストの松永貴志氏を総合音楽プロデューサーとして起用した新たなプロモーションビデオを公開。キタムラとともに、幼い子どもをもつ家庭への普及に取り組む。

オススメの記事