ケンコー・トキナーは、12月20日、キヤノンの一眼レフカメラ用EF/EF-Sレンズに対応したテレコンバージョンレンズの新製品として、倍率1.4倍の「テレプラス HD 1.4X DGX キヤノンEOS EF/EF-S」と、倍率2倍の「テレプラス HD 2X DGX キヤノンEOS EF/EF-S」の2機種を発売した。税別価格は、「テレプラス HD 1.4X DGX キヤノンEOS EF/EF-S」が2万3000円、「テレプラス HD 2X DGX キヤノンEOS EF/EF-S」が2万8000円。

「テレプラス HD 1.4X DGX キヤノンEOS EF/EF-S」(左)と「テレプラス HD 2X DGX キヤノンEOS EF/EF-S」

 従来製品「1.4Xテレプラス MC4 DGX-E キヤノンEOS用」「2X テレプラス MC7 DGX-E キヤノンEOS用」と比較して、解像度を「テレプラス HD 1.4X DGX キヤノンEOS EF/EF-S」では150%、「テレプラス HD 2X DGX キヤノンEOS EF/EF-S」では180%向上するとともに、光学系を新設計することで、特に高画素デジタル一眼レフカメラに適合する仕様にした。

 従来製品ではEFレンズだけへの対応だったが、新製品はEF-Sレンズでも使用できる。装着時のAF(オートフォーカス)はF5.6以下が保証値だが、「EF 50mm F1.8」はMFのみの利用になる。「EOS-1D X」には対応していない。

 「テレプラス HD 1.4X DGX キヤノンEOS EF/EF-S」は、開放F値がF4より明るいレンズでAFが使用できる。サイズは最大径68.0×長さ18.0mmで、重さは111g。

 「テレプラス HD 2X DGX キヤノンEOS EF/EF-S」は、開放F値がF2.8より明るいレンズでAFが使用できる。サイズは最大径68.0×長さ35.9mmで、重さは168g。