オーディオテクニカは、「SONICFUEL(ソニックフューエル)」シリーズのイヤホン「ATH-CHX7/7iS」「ATH-CHX5/5iS」と、ヘッドホン「ATH-OX7AMP」「ATH-OX5」を11月15日に発売する。

大きめのアルミハウジングを採用した「ATH-CHX5/5iS」

カナル型とオープンエア型をかけ合わせたハイブリッドイヤホン



 「ATH-CHX7/7iS」「ATH-CHX5/5iS」は、大きな直径のドライバが使えるオープンエア型のような形状に、カナル型のように遮音性がある非対称形のイヤーチップを組み合わせた特徴あるデザインを採用。「ATH-CHX7」は直径14.3mmの、「ATH-CHX5」は直径13.5mmのドライバを内蔵し、オープンエア型に比べて低音の効いたビートを楽しめる。オーディオテクニカは、このデザインをカナル型とオープンエア型のかけ合わせということで「ハイブリッド型」と呼んでいる。

 デザインは、装着していることをアピールできるよう、大きめのアルミハウジングを採用。ケーブルは絡みにくいフラットケーブル。

ATH-CHX7

 両モデルとも、ケーブルの途中にマイク内蔵のコントローラを備えて、スマートフォンの音楽の操作や通話に対応する「iS」モデルを用意する。

ATH-CHX5

 価格はオープンで、実勢価格は「ATH-CHX7」が6500円前後、「ATH-CHX7iS」が7000円前後、「ATH-CHX5」が3500円前後、「ATH-CHX5iS」が4000円前後の見込み。

アンプ内蔵のポータブルヘッドホンなど



 ヘッドホンは、アンプを内蔵した密閉ダイナミック型の「ATH-OX7AMP」と、内蔵していない「ATH-OX5」の2モデル。

 「ATH-OX7AMP」は、プレーヤー、ヘッドホンアンプ、ヘッドホンを組み合わせて利用するユーザーが増えてきたことに対応したモデル。

ATH-OX7AMP

 ハウジングに低ノイズの高出力ヘッドホンアンプを内蔵し、低域から高域までクリアな音を再生する。ヘッドホンアンプがオフのときも高音質ヘッドホンとして使える「True Bypass」機能を備える。

 「ATH-OX5」はアンプを搭載していないが、ヘッドホンとしての形状は「ATH-OX7AMP」と同じ。両モデルともドライバはいずれもφ40mm。ヘッドバンドが頭に沿う形状の「スマートフォルム」で、安定した装着感を実現した。

ATH-OX5

 価格はオープンで、実勢価格は「ATH-OX7AMP」が3万円前後、「ATH-OX5」が2万円前後の見込み。