ソニーは、ウォークマンを接続できるドックスピーカーの新製品として、Bluetooth対応の「RDP-NWG400B」と、ハンドル付きで持ち運びに便利な「RDP-NWM7」の2機種を、2月11日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は「RDP-NWG400B」が1万3000円前後、「RDP-NWM7」が8000円前後の見込み。

RDP-NWG400B

 「RDP-NWG400B」は、BluetoothのA2DP、AVRCPに対応し、ウォークマンに保存している音楽をワイヤレス再生するドックスピーカー。手元のウォークマンで曲名や歌詞、写真などを見ながら、スピーカーで音楽を楽しめる。本体を「Bluetoothスタンバイ」状態にしておけば、ウォークマンの操作で本体の電源をオンにしてワイヤレスで音楽再生ができる。

 薄型のサブウーファーを搭載した2.1chスピーカーシステムで、総合出力は20W(5W+5W+10W)。さらにBASS BOOST機能で、薄型ボディながら豊かな低音を実現している。

 本体には、音楽を聴きながらウォークマンを充電できる専用ドックを搭載。ドック部はホコリなどを防ぐカバーを備え、ウォークマンにカバーをつけたままドックに接続できる。また、Bluetoothヘッドホンやウォークマンを充電できるUSBポートを搭載している。

 カラーは、ブラック、ホワイトの2色。サイズは幅360×高さ112×奥行き104mmで、重さは約1.5kg。

RDP-NWM7

 「RDP-NWM7」は上部にハンドルを備え、簡単に持ち運びができるコンパクトタイプ。乾電池でも駆動するので、設置場所を選ばない。

 フルレンジバスレフ型のステレオスピーカーを搭載し、出力は2W+2W。ウォークマン専用ドックで、音楽を聴きながらウォークマンを充電できる、

 電源は、付属のACアダプタまたは単4形乾電池×4本。カラーは、ホワイト、ブラックの2色。サイズは幅226×高さ165×奥行き151mmで、重さは約1.1kg。