ボーズは、2本のコンパクトスピーカーだけで、サブウーファーを用いない2.0chのPC用スピーカー「Companion20 multimedia speaker system」を、7月28日に発売する。価格は3万3600円。

Companion20 multimedia speaker system

 音質や性能を犠牲にすることなく、広い帯域にわたり忠実な音楽再生を実現するために、新しいドライバとポートデザインを採用。独自技術「TrueSpaceステレオ・デジタル・プロセッシング回路」によって、PC画面の両サイドに設置したスピーカーの外側に、ステレオイメージを創出。大音量時でも歪まず、小音量時でも細部までリアルなサウンドを再生する。

 本体の操作は、音量調整やミュート機能を備えたコントロールポッドを使用。ヘッドホン端子や外部入力端子に、iPhoneやiPodなどのポータブルプレーヤーを接続することができる。

 スピーカー1本のサイズは、幅90×高さ220×奥行き147mm。重さはアンプ内蔵の右スピーカーが1.13kg、左スピーカーと1.8mのスピーカーケーブルが1.07kg。コントロールポッドは、サイズが直径62.5×高さ28.5mm、重さは160g(ケーブル97cm含む)。