日本ヒューレット・パッカードは、個人向けノートPCの夏モデル「HP Pavilion dv4-3100」「HP Pavilion dv7-6100」「HP Pavilion dv6-6100」「HP ENVY17-2100」「HP Pavilion g6-1100」「HP Pavilion g4-1100」「HP Pavilion dm1-3200」の7機種を、6月29日から順次発売する。

 「HP Pavilion dv4-3100」は、第2世代インテルCore iプロセッサーと、グラフィックチップAMD Radeon HD 6750M(GDDR51GB)を搭載した14インチワイド液晶モデル。内蔵グラフィックスとGPUの切り替えによって、パフォーマンスと省電力を両立する「Switchable Graphics」に対応する。また、「HPプロテクト・スマートテクノロジー」で振動からHDDを保護し、外出時などでも安心して使用できる。

 カラーは、エスプレッソブラックとルビーレッド。発売は6月29日。直販価格は4万9980円~。

HP Pavilion dv4-3100

 「HP Pavilion dv7-6100」は17.3インチワイド液晶搭載モデルで、「HP Pavilion dv6-6100」<プレミアムライン>は15.6インチワイド液晶搭載モデル。いずれも、映り込みの少ないフルHD非光沢ディスプレイ(解像度1920×1080)と、AMD Radeon HD 6770M(ビデオメモリ2GB)を選択可能となっている。

 「HP Pavilion dv6-6100」<スタンダードライン>は、カラーに3000台限定のリネンホワイトモデルを用意する。

 「HP Pavilion dv7-6100」は、6月29日発売で、直販価格は5万9850円から。「HP Pavilion dv6-6100<プレミアムライン>」は、直販モデルが6月29日発売で、価格は6万9930円から。量販店モデルは7月8日の発売となる。価格はオープンで、実勢価格は12万円前後の見込み。

 「HP Pavilion dv6-6100<スタンダードライン>」は6月29日発売で、直販価格は4万9980円から。「HP Pavilion dv6-6100<スタンダードライン>リネンホワイトモデル」は、7月下旬に発売予定。直販価格は5万8800円から。

左から、HP Pavilion dv7-6100、HP Pavilion dv6-6100<プレミアムライン>、HP Pavilion dv6-6100<スタンダードライン>、HP Pavilion dv6-6100<スタンダードライン>リネンホワイトモデル

 「HP ENVY17-2100」は、CPUにインテルCore i7プロセッサー、GPUにAMD Radon HD 6850Mグラフィックスなど、ハイエンドパーツを搭載するフラッグシップモデル。直販モデルには、7月下旬以降、300GBのSSDと750GBのHDDをセットにしたオプションを追加する。量販店モデルでは保証期間3年の「HP Care Pack」を標準で添付。さらに、顧客満足度向上を目指し、専用スタッフが対応する「HP ENVYノートブックPC専用サポート」を開始する。

 直販モデルは6月29日の発売で、価格は9万9750円から。量販店モデルは7月8日の発売。価格はオープンで、実勢価格は17万5000円前後の見込み。

HP ENVY17-2100

 「HP Pavilion g6-1100」は、15.6インチワイド液晶搭載モデル。「HP Pavilion g4-1100」は14.0インチワイド液晶搭載モデルで、第2世代インテルCoreプロセッサの搭載によってパフォーマンスを向上した。

 「HP Pavilion g6-1100」と「HP Pavilion g4-1100」は、ともに7月8日発売。価格はいずれもオープンで、実勢価格はどちらも6万円前後の見込み。

左から、HP Pavilion g6-1100、HP Pavilion g4-1100(製品版には日本語版キーボードを搭載)

 「HP Pavilion dm1-3200」は、11.6インチワイド液晶にAMD デュアルコア・プロセッサーE350とAMD Radeon HD 6310グラフィックスを搭載するハイビジョン動画再生対応のモバイルPC。量販店モデルは、HDDを従来の500GBから640GBへ大容量化。直販モデルには、約10時間45分駆動するバッテリが2本付属する。

HP Pavilion dm1-3200

 直販モデルは6月29日の発売で、価格は7万5600円から。量販店モデルは7月8日発売。価格はオープンで、実勢価格は6万円前後の見込み。