ヤマハは、ネットワーク機能やシネマDSP<3Dモード>を搭載した7.1ch AVレシーバー「RX-V771」を7月下旬に発売する。カラーはブラックとゴールドの2色で、価格は8万9250円。

RX-V771

 Windows 7とDLNA1.5に準拠したネットワーク機能で、PCやNASに保存している音楽や、インターネットラジオを聴くことができる。フォーマットは、MP3やAACのほか、高音質のWMA LosslessやFLACにも対応。またインターネットラジオのvTunerをサポートする。

 音場に高さ方向のデータを加え、プレゼンススピーカーで立体的なサラウンド空間を再現する「シネマDSP<3Dモード>」を搭載。フロントプレゼンススピーカーの代わりとなるVPS(バーチャル・プレゼンス・スピーカー)機能で、通常の7.1chまたは5.1chスピーカー構成でも、「シネマDSP<3Dモード>」で立体感のある音を楽しめる。

 家庭内ネットワークに接続すれば、「App Store」で専用アプリ「AV CONTROLLER」をダウンロードして、iPhone/iPod touch/iPadからコントロールすることができる。電源のオン/オフ、ボリューム調整、入力ソースの基本操作に加え、シネマDSPの音場プログラムなどの操作ができる。また、ウェブブラウザ経由でPCから操作できる「ウェブコントロールセンター」を搭載する。

 前面パネルのUSB端子に接続したiPhone/iPodを、「RX-V771」のリモコンで操作できる。対応するのは、iPod classic/第2~6世代のiPod nano/iPod touch/iPhone/iPhone 3G/iPhone 3GS/iPhone 4。

 音声入力端子は、コンポジット×6、光入力×2、同軸入力×2を搭載。映像入力端子は、コンポーネント×2、D端子×1、コンポジット×5を搭載する。他に、HDMI入力×6(前面入力×1)、HDMI出力×2(同時出力可)を搭載。また、別売のiPod用ユニバーサルドック「YDS-12」に対応する。サイズは幅435.0×高さ171.0×奥行き367.5mm、重さは11.2kg。