任天堂は、米ロサンゼルスで開催されている世界最大のゲーム展示会「ELECTRONIC ENTERTAINMENT EXPO 2011(E3ショー)」で、現地時間の6月7日、据え置き型の新しいゲーム機「Wii U」を発表した。2012年中に発売する予定。

「Wii U」のイメージ

 「Wii U」は、2006年に発売した家庭用ゲーム機「Wii」の後継機。「Wii」との後方互換機能があり、Wii U専用ソフトだけではなく、Wii専用ソフトをプレイすることができる。さらに、Wiiリモコンやヌンチャク、クラシックコントローラなど、他のWii周辺機器を最大4台まで接続して利用できる。

 これまでにないスタイルの「Wii U」専用コントローラは、従来のゲームコントローラ用ボタン類に加え、縦横比16:9の6.2インチのタッチスクリーン、加速度計、ジャイロセンサー、カメラ、振動機能、スピーカー、タッチペンなどを搭載。テレビとコントローラ上のスクリーンに投影される二つの画面の組み合わせ、Wiiリモコンと新しいコントローラとの組み合わせなどによって、いままでにないゲーム体験が創造できるようになる。

 ゲーム機本体には、新ハード用12cm高密度光ディスクとWii用12cm光ディスクをプレイできるセルフローディング式のドライブを内蔵。容量は、内蔵フラッシュメモリに加え、SDメモリカードや外付けUSB HDDを利用して増設できる。また、「Wii」にはなかったHDMI端子を新たに装備し、1080p、1080i、720p、480p、480iのビデオ出力、PCMリニア 6CHのオーディオ出力に対応する。サイズは高さ約46.0×幅約172.0×奥行き268.5mm(突起物含まず)。