Amazon.co.jpは、4月19日、オンデマンド印刷技術を活用し、顧客からの注文に応じて1冊からでも迅速に書籍を印刷して出荷する「プリント・オン・デマンド(POD)プログラム」を正式に開始した。

「プリント・オン・デマンド(PDF)」のページ

 PODプログラムを適用した書籍は、常に出荷可能な「在庫あり」の状態となり、顧客は「Amazon プライム」や「お急ぎ便」を利用して、いち早く手に入れることができる。

 PODプログラムの導入によって、Amazon.co.jpは、書籍の品揃えが大幅に拡大。出版社にとっては、流通コストを抑え、あらゆる作品を販売できるというメリットがある。特に絶版本や希少本、特注本、外国語や大活字版など、従来は比較的コストがかかっていた書籍を、日本向けに低コストで提供できるようになる。在庫状況の改善によって、出版者や著者の収益の拡大も期待できる。

 PODには、現在、ケンブリッジ大学出版局、Taylor & Francis、British Library、Macmillan、シュプリンガー社をはじめ、世界各国の大手出版社が参加。対象書籍は、開始当初は洋書のみで、順次、和書にも拡大していく。現時点での対象書籍は60万冊以上。「洋書」ストアの「プリント・オン・デマンド(PDF)」のページで、伝記、ビジネス、コンピュータなど、ジャンルごとに一覧表示している。