オンラインショップのAmazon.co.jpは、4月14日、東日本大震災の被災地の復興に貢献する活動「たすけあおうNippon」の一環として、「東日本大震災 復興支援 食べて・飲んで・使って 東日本を応援」特集を開始した。

特集ページのトップページ

 特集ページには、地震・津波で特に大きな被害を受けた青森、岩手、宮城、福島、茨城、千葉の6県に所在する販売主・出品者の商品や、被災地で生産された商品を掲載。タブの切り替えによって、県別に商品一覧を表示する。商品は、米、加工品、和・洋菓子、お茶、ジュース、酒などの食品・飲料が中心。特集への出品者も募集している。

 Amazon.co.jpは、東日本大震災の被災地の復興支援として、対象商品の収益全額を義援金として日本赤十字社または米国赤十字社を通じて寄付する「たすけあおうNippon 東日本大震災義援金」募集活動を行っている。現在の対象商品は、MP3、壁紙、電子書籍(Kindle版書籍)。そのほか、被災地からの要請で、「ほしい物リスト」機能を活用し、必要な物資を届ける活動を行っている。

 4月6日には、東北地方全域への注文受付を再開。避難所リストに記載された岩手県、宮城県、福島県の避難所へ配送を開始している。