シャープは、新たに「高速トランスコードダビング」や「ムーブバック」機能を備えたブルーレイディスク(BD)レコーダー「AQUOSブルーレイ BD-HDW80/BD-HDW75/BD-HDW73」を、4月27日に発売する。

BD-HDW80(中央上)、BD-HDW75(左下)、BD-HDW73(右下)

 3機種とも、3層100GBの大容量規格BDXLとブルーレイ3Dに対応。地上・BS・110度CSデジタルチューナーを2基ずつ搭載し、デジタル放送を2番組同時に録画できる。録画モードは、デジタル放送をそのままの画質で記録するDRモードから、映像圧縮方式「新・高速トランスコーダー」による最長約12倍の長時間モードまで用意し、長時間モード録画でも、デジタル放送の番組連動データやサラウンド音声、字幕を劣化なく記録できる。

 また、本体に無線LAN機能ユニットを内蔵し、ワイヤレスでインターネットにつないで、映像配信サービス「アクトビラ ビデオ・フル」や「ホームネットワーク機能」を利用できる。新たに「かんたんLAN設定」に対応し、接続設定機能のある機器とワンボタンで簡単に設定できる。

 起動・ダビング・再生などの基本機能を高速化。電源待機状態から電子番組表や録画リストなどを約1秒で起動する「高速一発起動」、HDDにDRモードで録画した番組を長時間モード画質に変換し、BDに録画時間の約半分の時間でダビングする「高速トランスコードダビング」、従来機(BD-HDW70)に比べ、市販のBDソフトの読み込み時間を最速で約半分にする「高速BDドライブメカ」を搭載する。

 このほか、登録したキーワードに該当する番組を番組表から検索し、自動録画する「キーワード自動録画」、動画付きのサムネイルを見ながら簡単にシーン編集ができる「モーションエディター」機能、BDに記録したデジタル放送の番組を内蔵HDDに書き戻す「ムーブバック」機能などを新たに搭載する。

 価格はすべてオープン。実勢価格は、HDD容量1TBの「BD-HDW80」が11万円前後、500GBの「BD-HDW75」が9万円前後、320GBの「BD-HDW73」が8万円前後の見込み。