東芝は、2月25日、「dynabook」を幅広く活用してもらうため、インターネット関連コンテンツやサービスを用途別に分類したウェブサイト「dynabook活用応援サイト 東芝プレイス(Toshiba Places)」をオープンした。

「東芝プレイス」のトップページ

 用途別に「サポート」「アクセサリー」「アップ」「ビデオ」「ゲーム」「ショッピング」の六つの「プレイス」に分類。「サポートプレイス」ではdynabookのサポート情報、「アクセサリープレイス」では、増設メモリなどのオプション・PC周辺機器などの情報を提供する。

 「アッププレイス」ではPC用アプリケーション、「ビデオプレイス」では映画やドラマ、アニメなどの映像コンテンツ、「ゲームプレイス」ではゲームを、それぞれ提携サイトからダウンロードすることができる。

 なお、「ビデオプレイス」「ゲームプレイス」は、2010年10月以降に発売した東芝製個人向けPCでグリオのエンタテインメントガジェット「センプレ(Sempre)」をインストールしたモデルのみ利用できる。その他の「プレイス」は、誰でも閲覧できる。