パナソニック、折りたたみ式ヘッドホン、高品位モデルとストリートモデル

ニュース

2010/10/27 11:53

 パナソニックは、ステレオヘッドホンの新製品として、振動板にバイオセルロースを採用する高品位モデル「RP-HX700」と、反転式片耳モニタ機構を採用するストリートモデル「RP-HB400」を、11月19日に発売する。価格はともにオープンで、実勢価格は「RP-HX700」が1万円前後、「RP-HB400」が4000円前後の見込み。

RP-HX700(上)、RP-HB400(下)

 「RP-HX700」は、ハウジング部に、真空蒸着の上にグラデーション塗装を施した上質なデザイン。ハウジング部が90度回転する折りたたみ式のスイーベル機構を採用し、バックにすっきりと収まる。装着感のよいソフトな肌触りのシンセティックレザー・イヤーパッドで、長時間快適に使用できる。

 ドライバユニットの振動板に、高剛性で軽量のバイオセルロースを採用。音の追従性が向上し、全帯域で良好なバランスのサウンドを再生する。再生周波数帯域は10-30000Hz。カラーはブラック、ホワイト、レッド。

 「RP-HB400」は、ハウジング部が反転する反転式片耳モニタ機構と、90度回転するスイーベル機構を採用。ヘッドバンドも折りたたみ式で、コンパクトに持ち運ぶことができる。

 振動板の前後の音圧バランスを調整し、豊かな低音を再生する「Tuned Bass」を採用。再生周波数帯域は10-27000Hz。カラーはオレンジ、ホワイト、ブラック。

オススメの記事