東芝、高音質を追求したBDプレーヤー、BDソフトの音声圧縮技術に対応

ニュース

2010/10/21 17:47

 東芝は、ブルーレイディスク(BD)ソフトの高音質なサウンドが楽しめるBDプレーヤー「レグザブルーレイ SD-BD2」を11月下旬に発売する。価格はオープンで、実勢価格は2万円前後の見込み。

レグザブルーレイ SD-BD2

 BDソフトが採用する「ドルビーTrue HD」「DTS HD Master Audio」などの音声圧縮技術に対応し、高音質なサウンドを再生する。また、毎秒24コマで製作した映画などのフィルム素材の映像をHDMI経由でそのまま出力でき、映像本来の質感でコンテンツが楽しめる。

 東芝液晶テレビ「レグザ」と接続すれば、テレビのリモコン一つで基本操作ができる「レグザリンク」に対応。前面にSDカードスロットを装備し、カードに保存した動画や静止画をテレビで視聴できる。再生可能なBDメディアはBD-ROM、BD-R/BD-R DL、BD-RE/BD-RE DL。サイズは幅360×高さ54×奥行き232mm、重さは1.74kg。

オススメの記事