12月から家電エコポイント数がほぼ半減、来年から省エネ基準も「☆5」に強化

ニュース

2010/10/12 16:10

 グリーン家電エコポイント事務局が、2010年12月1日以降購入分からの、家電エコポイント数変更を発表した。11年1月1日以降の購入分からは、申請対象を「統一省エネラベル☆5の製品を購入し、買い替えをしてリサイクルを行った場合」に限定するとともに、家電エコポイント数のリサイクル分の加算を廃止する。

2010年12月1日以降購入分の新しい家電エコポイント数

 家電エコポイント制度は、09年5月15日以降に購入した省エネ基準を満たすグリーン家電(地上デジタル放送対応テレビ・エアコン冷蔵庫)に対して「エコポイント」を発行。ポイントに応じてさまざまな商品・サービスと交換するというもの。地球温暖化対策の推進、経済の活性化、地上デジタル放送対応テレビの普及促進を目的に、環境省・経済産業省総務省が実施している。

 11年1月1日以降の購入分からは、対象製品の省エネ基準を「統一省エネラベル4☆」から「統一省エネラベル5☆」に強化する。

 また、10年12月1日以降の購入分から、付与する家電エコポイント数を変更する。地上デジタル放送対応テレビの46V型以上が1万7000点(旧3万6000点)、42V型、40V型が1万1000点(旧2万3000点)、37V型が8000点(旧1万7000点)、32V型、26V型が6000点(旧1万2000点)、26V型未満が4000点(旧7000点)。

 エアコンの冷房能力3.6KW以上が5000点(旧9000点)、2.8KW、2.5KWが4000点(旧7000点)、2.2KW以下が3000点(旧6000点)。

 冷蔵庫の定格内容積501リットル以上が5000点(旧1万点)、401-500リットルが5000点(旧9000点)、251-400リットルが3000点(旧6000点)、250リットル以下が2000点(旧3000点)。

 家電エコポイント登録申請期限は11年5月31日(当日消印有効)。家電エコポイント発行原資が不足する可能性が出てきた場合は、申請順で処理する。

オススメの記事