富士フイルム、1400万画素のコンパクトデジカメ、電源は単3形乾電池

ニュース

2010/10/07 15:42

 富士フイルムは、単3形乾電池を電源とする有効1400万画素のコンパクトデジタルカメラ「FinePix AX250」を、10月23日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は1万2800円前後の見込み。

FinePix AX250

 外出先や旅行先で入手しやすい単3形乾電池を電源としながら、薄さ27.8mmのコンパクトボディを実現。最高感度はISO3200で、ノイズの少ないクリアな高感度撮影ができる。

 画角を変えて撮影した3枚までの画像を自動でつなぎ合わせ、1枚のパノラマ写真として保存する「パノラマ」モードや、被写体にカメラを向けるだけで「人物」「風景」「夜景」「マクロ」「逆光&人物」「夜景&人物」からシーンを自動で判別し、最適な撮影条件に設定する「シーンぴったりナビ」を搭載。1280×720ピクセルのハイビジョン動画撮影にも対応する。

 35mmフィルムカメラ換算で約28-140mmのフジノン光学式5倍ズームレンズを搭載。約23万ドットの2.7型液晶モニタを備える。外部メモリはSD/SDHCカードに対応。約24MBのメモリを内蔵する。本体サイズ幅93.0×高さ60.2×奥行き27.8mm、重さ約115g。カラーはシルバー。 

FinePix JX280(レッド、ピンク、ブルー)

 同時に、有効1410万画素のコンパクトデジタルカメラ「FinePix JX280」の新色としてレッド、ピンク、ブルーを発売。メタルボディにブラスト処理を施し、光沢感を出すことで、レッドとブルーはより鮮やかに、ピンクは上品でやさしい印象を与える。発売中のブラックとシャンパンゴールドと合わせて、5色のバリエーションで展開する。価格はオープンで、実勢価格は1万5000円前後の見込み。

オススメの記事