ソフトバンクM、月額390円からのスマートフォン向け新パケット定額サービス

サービス

2010/10/07 11:38

 ソフトバンクモバイルは、月額390円から利用できるAndroidとWindows Mobile搭載のスマートフォン向けの新しいパケット定額サービス「パケットし放題S for スマートフォン」を、11月12日に開始する。また期間限定で、月額3985円で712万5000パケットまで通信できる「パケットし放題MAX for スマートフォン」を提供する。

 「パケットし放題S for スマートフォン」は、月額390円から始まり、1パケットあたり0.084円、上限金額5985円でパケット通信が使い放題になるパケット定額サービス。従来の「パケットし放題 for スマートフォン」の1029円から最低料金を大幅に下げた。

 同時に、11月12日から来年4月30日までに申し込んだユーザーに対して、月額3985円で712万5000パケットまで通信できるパケット定額サービス「パケットし放題MAX for スマートフォン」を提供する。712万5000パケット以上は1パケットあたり0.084円で、どんなにパケット通信を利用しても月額の上限金額は5985円。

 712万5000パケットとは、具体的に、200文字程度のEメールの送受信で約150万通、YouTubeの視聴で約1000分、ウェブブラウジングで約5000回にあたる。ソフトバンクモバイルユーザーの約97%は、毎月のパケット通信量が712万5000パケット未満なので、大半のユーザーが月額3985円で利用できるという。

 サービスの提供に伴い、「パケットし放題 for スマートフォン」は11月11日で受け付けを終了。また、11月30日まで実施を予定していた「パケットし放題フラット」で「PCサイトダイレクト」利用時の定額料の上限が4410円になるキャンペーンも、11月11日に終了する。

オススメの記事