経済産業省、「クール・ジャパン」を発見/発信するカンファレンス、アイデアも募集

ニュース

2010/10/06 17:31

 経済産業省は、ファッションやアニメ、家電など、日本独自の文化「クール・ジャパン」を再発見し、共有して発信する「COOL JAPAN TOKYO-CONFERENCE」を、11月2日に東京・明治神宮外苑で開催する。

「COOL JAPAN TOKYO-CONFERENCE」ウェブサイト

 「クール・ジャパン」とは、秋葉原の高機能家電、渋谷・原宿の若者のファッション、ストーリーが魅力的なマンガやアニメ、安全な食材など、他国・他地域にはない日本独自の文化のこと。経済産業省は6月8日に「クール・ジャパン室」を設置し、日本の文化産業の海外進出の促進、人材育成などの施策の企画立案と推進を行っている。

 その活動の一環として、「COOL JAPAN TOKYO-CONFERENCE」を開催。カンファレンスの第1部「COOL JAPAN TOKYOクリエイティブ・フォーラム」では、日本文化研究者の松岡正剛氏が基調講演を行い、世界が共感する日本とは何か、その源泉は何かについて、参加者と議論する。第2部「あなたのCOOL JAPAN」では、全国・世界各地で「クール・ジャパン」の掘り起こしや発信、ビジネス化に取り組んでいる人や今後取り組みたい人からのアイデアを募集し、プレゼンテーションしてもらう。開催期日は、11月2日の13時-22時。会場は東京・明治神宮外苑。

 なお、カンファレンス第2部の「あなたのCOOL JAPAN」に対するアイデアは、専用サイトで10月20日まで募集している。

オススメの記事