マカフィー、最近のフィッシング詐欺の手口を解説

ニュース

2010/09/07 11:52

 マカフィーは、「バンクオブアメリカ」「ペイパル」「クレジットスコア(信用偏差値)無料診断」になりすましている最近のフィッシング詐欺について、自社ブログで注意を呼びかけている。

 「バンクオブアメリカ」の最近の攻撃は、「オンラインバンキングのセキュリティ規制により、利用者は提示されたURLをクリックする必要がある」と、口座の失効を警告するスパムメールが届く。「RESOLVE」というリンクをクリックすると、悪質なサイトにリダイレクトされるという。また、「ペイパル」のアカウントの詐欺は、正規ページと同じ画像、スタイルシート、リンクが使用された偽のページにリダイレクトされる。 

「RESOLVE」をクリックすると悪質サイトにリダイレクトする

 そのほか、「クレジットスコアを無料で診断する」という未承諾広告メールの手法もある。対策を講じていないユーザーがこのリンクをクリックすると、ウイルスに感染したり、個人情報が流出する可能性がある。マカフィーでは、このようなメールを受け取った場合は、リンクをクリックしないように警告している。米国では昨年、1110万人が個人情報の盗難被害に遭い、また、3秒に1件の割合で個人情報が盗まれているという。

「クレジットスコアを無料で診断する」という未承諾広告メールの手法も


オススメの記事