富士フイルム、「FinePix F300EXR」に新色シルバーを追加

ニュース

2010/09/01 17:26

 富士フイルムは、最速0.158秒でフォーカスを合わせるコンパクトデジタルカメラ「FinePix F300EXR」の新色シルバーを9月18日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は4万5000円前後の見込み。9月4日に発売するブラックとあわせ、2色のカラーバリエーションで展開する。

FinePix F300EXR(シルバー)

 被写体との距離を瞬時に測定する位相差画素をイメージセンサに組み込んだ「スーパーCCDハニカムEXR」を搭載。一眼レフ並みの最速0.158秒でフォーカスを合わせる。

 35mmフィルム換算で24-360mm相当のフジノン15倍ズームレンズを装備。二つのレンズ群を鏡胴内でスライドさせて収納することで格納時のスペースを大幅に低減し、光学15倍ズームモデルで最薄部22.9mmという世界最小ボディを実現した。

 細かい動きに加えて大きくゆっくりとした動きまでを検知して補正する「さらにブレない 新・手ブレ補正」を搭載。液晶画面のガイドに合わせてカメラを縦・横方向にぐるっと動かすだけで、簡単にパノラマ写真が撮影できる「ぐるっとパノラマ360」などを備える。

 有効画素数は1200万画素。約46万ドットの3.0型液晶を搭載。メモリはSD/SDHCカードに対応し、内蔵メモリは約40MB。電源は充電式バッテリ。

オススメの記事