三洋、USB出力付き携帯電源の大出力モデル、iPadやXperiaをパワフル充電

ニュース

2010/08/31 19:09

 三洋電機は、iPhoneやXperiaなどのモバイル機器を充電するUSB出力付き携帯電源として、リチウムイオンバッテリ「eneloop mobile booster(エネループ モバイルブースター) KBC-L2BS」と、充電池「eneloop」をセットして使用するスティックタイプの「eneloop stick booster(エネループ スティック ブースター) KBC-D1BS」を10月21日に発売する。価格はともにオープン。

 USB端子で携帯電話iPhoneをはじめ携帯オーディオ、携帯ゲーム機などのさまざまなモバイル機器を充電できる。マイクロUSB用アタッチメントを付属し、XperiaなどのマイクロUSB端子から充電する機器にも対応する。

 「eneloop mobile booster KBC-L2BS」は、本体側で機器への充電電流をコントロールするほか、出力電流を従来の「KBC-L2AS」の2倍の1Aに高めたことで、iPadやXperiaなど、充電に大電流が必要な機器にも安定して給電できる。

eneloop mobile booster KBC-L2BS

 USB出力端子は2口。500mAで出力するときには、二つのモバイル機器に同時に給電できる。1口だけの場合、500mAで約4時間、1Aで約2時間の給電が可能。2口同時使用の場合は、それぞれ約2時間給電できる。

 本体は専用のACアダプタからだけでなく、付属のUSBコードを利用してPCなどのUSB端子から充電することができる。本体サイズは幅70×高さ62×奥行き22mm、重さ約130g。実勢価格は6000円前後の見込み。

 「eneloop stick booster KBC-D1BS」は、スティックタイプのアルミボディを採用。直径約2cm、電池を含む重さ約76gとスリム&軽量で、持ち運びやすい。充電して繰り返し約1500回使える単3形「eneloop」を2個付属する。実勢価格は3000円前後の見込み。 

「eneloop stick booster KBC-D1BS」(上)、ニンテンドーDSシリーズ用の「eneloop stick booster」(下)

 同じくスティックタイプの携帯電源として、ニンテンドーDSLite専用の「eneloop stick booster KBC-DS2AS」とニンテンドーDSi/DSi LL専用の「eneloop stick booster KBC-DS3AS」を同日に発売する。

 「eneloop stick booster KBC-DS2AS」はニンテンドーDSLiteに約100分、「eneloop stick booster KBC-DS3AS」はニンテンドーDSiに約65分、DSi LLに約70分給電できる。

 直径約2cmで、電池を含む重さは約94g。こちらも単3形「eneloop」2個を付属する。価格はオープン。実勢価格はともに3500円前後の見込み。 

白井浩明統括部長

 発表会でモバイルエナジーカンパニー市販事業統括部の白井浩明統括部長は、「『eneloop』は2005年に発売して以来、世界60か国以上で販売し、10年7月末の時点で累計出荷数は1億3000万本に到達した。乾電池から充電池への置き替えは世界中で確実に広がっている」と「eneloop」の実績を述べ、「現在、スマートフォンやiPadなど、モバイル機器の多機能化によって消費電力が増加し、緊急充電器のニーズが拡大している。そこで、携帯電源にハイパワー出力モデルを拡充する。当社はパナソニックグループの一員となり、より大きなシナジーを得た。『環境革新企業』を目指して、今後も地球と命が喜ぶ商品づくりに取り組んでいく」と語った。

オススメの記事