ユーザーの心に響くキャンペーンに、UCCの缶けり大会が成功裏に終了

ニュース

2010/08/30 16:01

 UCC上島珈琲が、無糖缶コーヒーの新ブランド「UCC THE CLEAR」のプロモーションとして開催したウェブとリアル世界での缶けり大会「THE CANKERI THE CLEARキャンペーン」が、ユーザーの心に響くキャンペーンとして成功裏に終了した。

「THE CANKERI THE CLEARキャンペーン」特設ページ

 キャンペーンは、6月18日-7月17日の期間で、ウェブで13日、リアルで1日の缶けり大会を実施するというもの。ウェブは、毎晩9時からの1時間に限定して開催。約2週間で時間限定のキャンペーンだったが、参加者は延べ3541人、Twitterフォロワー数が最高2580人、口コミが1万6000本以上という結果だった。

 ユーザーからは、「これ、面白いかもしれません」「頭フル回転して考えて、とても楽しかったです」などといったキャンペーンを楽しんだ声や、「こちらこそ缶謝です」「このカンケリ企画非常に斬新であり楽しく参加させていただきまして感謝しています」、さらには「UCC上島珈琲さんのことが好きになっちゃいそうです!」「肝心のクリアはなかなか飲む機会がありません。が道端で見つけたら買って帰りますので!」といった声も挙がった。

 キャンペーンは、参加者がウェブ上でオニとなり、特設のキャンペーンサイトを起点に、複数のウェブサイトの世界に逃げ込んだ逃亡者を捜し出すというもの。Twitterのアカウントを取得すれば参加でき、ターゲットは20-40代のビジネスパーソン。ウェブ上で全4試合の予選と決勝、ウェブの試合で勝ち上がったユーザーがリアルの大会に参加した。

 キャンペーンが、販促効果は現段階ではまだみえないが、参加者の声を聞く限りでは、競争が激しい缶コーヒー市場のなかで、UCCがウェブとリアルのイベントでユーザーとの距離を縮めたという点で大きな効果があったといえそうだ。

オススメの記事