パナソニックは、新規格「BDXL」に対応したブルーレイディスク(BD)レコーダー「ブルーレイディーガ DMR-BWT3100/BWT2100/BWT1100/BW890/BW690/BR590」の6機種を、9月15日に発売する。

 全機種が新規格の「BDXL」に対応したディスクドライブを搭載。追記型3層式(100GB)のBD-Rディスクや、今後発売が見込まれる4層式(128GB)のBD-Rディスク、書き換え可能な3層式(100GB)のBD-REディスクに対応する。

 加えて、シングルチューナーの「BR590」以外の5機種は、第5世代のMPEG-4 AVC/H.264エンコーダー「新アドバンスドAVCエンコーダー」を搭載し、デジタル放送を2番組同時にフルハイビジョン(フルHD)画質で通常の12.5倍の長時間、録画することができる。大容量の3層式(100GB)BD-Rには、約17Mbpsの地上デジタル放送を最高画質(DRモード)でも約12時間、約1.9MbpsのHBモードだと約108時間、記録することが可能。 

ブルーレイディーガ DMR-BWT3100/BWT2100/BWT1100

 「DMR-BWT3100/BWT2100/BWT1100」の3機種は、ブルーレイ3Dディスクの再生や同社製3D対応デジタルビデオカメラで撮影した3D映像の再生/保存に対応。、最上位モデル「DMR-BWT3100」は、シーンごとに映像を分析して周波数帯ごとに最適な処理を行い、フルHD映像を質感豊かに再現する「ディテール・クラリティ・プロセッサfor BD」をはじめ、さまざまな高画質・高音質技術を搭載。また、HDMI2系統出力に対応し、映像/音声を別々に出力できる。

 エントリーモデルの「BR590」には、基本的な操作ボタンだけの別売のシンプルリモコンが標準で付属。シンプルリモコンを使うと、専用の「かんたんサポート」画面の指示に従って操作するだけで、録画予約やダビング操作が簡単にできる。 

ブルーレイディーガ BW890/BW690/BR590

 価格はすべてオープン。実勢価格は、3D対応でHDD容量2TBの「DMR-BWT3100」が28万円前後、1TBの「BWT2100」が16万円前後、500GBの「BWT1100」が12万円前後の見込み。3D非対応モデルは、HDD容量1TBの「BW890」が15万円前後、500GBの「BW690」が11万円前後、容量500GBでシングルチューナーの「BR590」が9万円前後の見込み。