サンディスク、切手より小さな組み込み式SSD「iSSD」、タブレットPC向けに

ニュース

2010/08/19 18:30

 サンディスクは、8月18日、切手より小型の組み込み式SSD「iSSD(integrated SSD)」を発表した。


 iSSDは、タブレットPCや超薄型ノートPCなど、モバイル・コンピューティング・プラットフォーム向けに設計したもの。ボールグリッドアレイパッケージ採用し、SSDとして初めてSATAインターフェースに対応した。主要なOSと互換性がある。

 本体サイズは幅20×奥行き16×高さ1.85mmと世界最小サイズで、重さは1g以下。容量は4-64GBまで幅広く取り揃える。読取り速度は160MB/秒、書込み速度は100MB/秒。

 すでにOEM向けにサンプル提供を開始しており、現在、主要メーカーが評価しているという。

オススメの記事