ドイツの老舗ブランド“LINDY”が日本上陸、ネットショップオープン

ニュース

2010/08/13 12:18

 ヨーロッパを中心に人気のAV/コンピュータ機器ブランド“LINDY”の日本総販売元のリンディー・セールス(岡崎義信代表取締役)は、国内店舗の第一号として、オンラインショップを開設した。LINDYブランドの1万点に上る製品のうち、まずは厳選した約200種類の製品を販売。順次新製品を投入していく。

LINDYブランド製品の長期保証のロゴ

 LINDY製品は、ホームシネマ関連やパソコン関連のケーブル、コネクタ、コンバータ、切替器、分配器、ハブ、延長器、PCアクセサリなどから、デジタルサイネージ用製品、オーディオ/スピーカー製品(ノイズキャンセリングヘッドホン、MP3プレーヤー機能付き小型スピーカー)まで、さまざまなジャンルに渡り、日本にはまだ存在しない製品も数多く取り揃えている。

 最大の特徴は、保証期間の長さ。通常、メーカー保証期間は1年間が一般的だが、LINDY製品は最低でも2年間、製品によっては3年や10年、25年の長期保証がつく。いずれの製品も厳密な検査の元、高品質で安定した動作を保証している。 

25年長期保証のプレミアムゴールドケーブルシリーズ(左)、MP3プレーヤー機能付き高性能スピーカー(右)

 リンディー・セールスは、これまで日本未発売で、直接海外で購入するしかなかったLINDY社製品の日本国内での輸入販売を行う。LINDY社は、1932年にドイツで設立。70年以上の歴史に加え、充実した品揃え、高品質、世界規模の販売ルート、サービスネットワークを持ち、現在はヨーロッパを中心に、アメリカ、アジアなど、世界11か国で展開している。

オススメの記事