三菱電機、3D対応の75V型レーザーテレビを8月21日に発売

ニュース

2010/07/29 19:30

 三菱電機は、7月29日、光源にレーザーを採用した3D対応の75V型レーザーテレビ「LASERVUE(レーザービュー)75-LT1」を、8月21日に発売すると発表した。デジタルサイネージとしての利用やレジャー・娯楽施設をメインターゲットとして販売。一般ユーザー向けには、一部の量販店で販売する。価格はオープンで、実勢価格は75万円の見込み。3D専用グラスが2本、標準で付属する。グラスの単体販売は検討中。

 すでに北米では、2008年夏に65V型、10年5月に75V型の3D対応レーザーテレビを発売済み。デジタルシネマ映画館と同じDLP方式を用いたテレビ映像システムで、レーザー光源による広色域の色再現性や低ストローク、低消費電力を強みとする。

光源にレーザーを採用した3D対応の75V型レーザーテレビ「LASERVUE」

 記者会見で、伊藤正輝・リビング・デジタルメディア事業本部 家電事業部副事業部長は、「当社の3Dへのこだわりは、大画面による迫力ある映像の提供だ」として、「米国での販売経験を生かし、3D元年となる今年、日本市場に投入する。十分な魅力をもつ製品」と自信を示した。サイズについては、「まず、日本の薄型テレビ市場にない75V型を投入」(石井良典・京都製作所 AV機器製造部長)し、独自性を強調する。なお、「LASERVUE」はエコポイント対象外。「省エネの実力は十分だが、エコポイントの基準となるカテゴリがない」(石井部長)からだ。

 「75-LT1」の3D映像方式は、日本で主流のサイドバイサイド方式に加え、米国のトップアンドボトム方式、チェッカーボード方式に対応している。ブルーレイ3Dの映像は、プレーヤーまたはレコーダー側の出力設定をサイドバイサイド方式に切り替えることで視聴できる。

 レーザー光源の特徴である色再現性は、同社の液晶テレビ「LCD-40MXW300」の約2倍に相当する。また、左右の映像をDLP方式の半導体テクノロジーで、交互に高速表示することで、ストロークによる画像ボケが少ない。さらに、75V型「レーザービュー」は液晶テレビ4台に相当する大きさだが、定格消費電力は37V型4台分の572Wに対して、305Wと低い。

伊藤正輝・リビング・デジタルメディア事業本部家電事業部副事業部長

 地上・BS・110度CSデジタルチューナーは分離型だが、今後は内蔵を検討する。モニタ部のサイズは、幅169.1×高さ106.4×奥行き×38.4cm、重さ71.0kg。チューナー部のサイズは、幅18.2×高さ18.2×30.1cm、重さ5.4kg。

オススメの記事