ドワンゴ、ミュージカル第1弾、堀江貴文氏が「心の贅肉を削ぎ落す」

ニュース

2010/07/07 14:25

 ドワンゴは、7月6日、動画共有サイト「ニコニコ動画」のライブ事業の強化を発表した。人気投稿者などが出演するライブコンサートのネット視聴用有料チケット販売を開始。また、ミュージカルを制作し、ライブ視聴とネット視聴、それぞれの有料チケットを販売する。

 「ニコニコ動画」は、投稿中の動画に視聴者がコメントを書き込むことができる双方向性が特徴。ライブ事業を強化することで、「現在のID登録会員1750万人、プレミアム会員86万人を倍にしていくことを目指し、リアルとネットを融合した新しいエンタテインメント事業として、文字で共有する新しいライブを提供する」(夏野剛取締役)方針だ。

リアルとネットを融合した新しいエンタテインメント事業を語る夏野剛取締役

 まず、人気投稿者などが出演する音楽ライブコンサート「ニコニコ大会議」のネット視聴者向けチケットを発売する。2010年8月26日にC.C.Lemonホール(東京・渋谷)で開催する「ニコニコ大会議2010夏~笑顔のチカラ~」からスタート。会場で見るリアルチケットは5800円で、「ニコニコ生放送」で見るネットチケットは1500pt(1500円)。10月28日にSHIBUYA AX(東京・渋谷)で「ニコニコ大会議2010秋(仮)」、12月28日からは全国各地で「ニコニコ大会議 2010-11 全国ツアー(仮)」を開催する計画。

「ニコニコミュージカル」第1弾作品に主演する堀江貴文氏

 ミュージカルは「ニコニコミュージカル」と題し、2010年12月公演を皮切りに三本を企画。12月22-26日の第1弾作品は、名作「クリスマスキャロル」を現代版にアレンジし、堀江貴文氏が主役を演じる。堀江氏は宇宙産業の企業経営者で、エゴイストで冷酷無慈悲な主人公の設定。クリスマスの夜の出来事をきっかけに、『お金で買えないものがあった』ことに気づく心温まる奇跡の物語になっている。

「クリスマスキャロル」出演者と演出家。左から、宮下雄也氏、演出家・湯澤幸一郎氏、堀江貴文氏、小池亮介氏、藤原祐規氏

 ミュージカル初挑戦の堀江氏について、演出家の湯澤幸一郎氏は、「最初は大丈夫かなと思ったが、まじめに練習に取り組んでいただいている姿をみて、ホリエモンの主演は可能だと感じた。スタッフ一同でバックアップして、クリスマスキャロルのメッセージを伝えたい」とコメントした。

 堀江氏は、「ずっと社長をやってきて、人から指示されることはなかったが、今回のミュージカルの練習を通じて、心に贅肉がついていたことがわかった。これからは心の贅肉を削ぎ落していきたい」と抱負を述べた。

「ニコニコミュージカル」のエグゼクティブ・プロデューサーを務める片岡義朗執行役員兼プロデューサー

 「ニコニコミュージカル」は、アニメ・舞台などのプロデューサーでドワンゴ執行役員兼プロデューサーの片岡義朗氏がエグゼクティブ・プロデューサーを務める。片岡執行役員は、「ミュージカルの観賞は洗練された特別な印象が強く、壁を感じていた人も多い。今回、リアル、ネットともにチケットを低価格に設定することで、演劇未体験者に視聴機会を提供し、ミュージカルのすそ野を広げたい」と述べた。また、「ネットチケットがすぐに売れるとは思っていないが、今後『ニコニコミュージカル』が根づいていくことで、制作予算も確保していくことができる。“ニコ動アーティスト”への活動の場を広げていきたい」との熱意を示した。

オススメの記事