キヤノン、暗いシーンもキレイに撮れるコンパクトデジカメ「IXY 30S」

ニュース

2010/05/11 19:18

 キヤノンは、コンパクトデジタルカメラ「IXY」シリーズで、暗い場所でもブレやノイズを抑える「HS SYSTEM」と明るいF2.0レンズを初めて搭載した「IXY 30S」を、5月27日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は4万円前後の見込み。

IXY 30S

 「HS SYSTEM」は、ノイズの発生が少ない高感度センサーと高い処理能力を持つ独自の映像エンジン「DIGIC」を組み合わせ、夜景や室内などの暗いシーンも、ブレやノイズを抑えて美しく撮影できる独自のシステム。2009年10月に発売した「PowerShot G11」と「PowerShot S90」に搭載して好評だったことから、「IXY」シリーズでも採用した。

 コンパクトなボディに、35mmフィルム換算で28-105mm相当の3.8倍ズームを搭載。「S90」同様、F2.0(広角端)の明るいレンズを採用した。通常のレンズより速いシャッタースピードで撮影できるので、「HS SYSTEM」との相乗効果で、暗いシーンに強い。

 撮像素子は、有効約1000万画素のCMOSセンサー(裏面照射型)を採用。レンズシフト式の手ブレ補正機能を搭載する。同社初の「ハイスピード連写」「ハイスピード動画」機能を搭載し、静止画は「連続撮影」設定時、最高毎秒8.4枚、フルサイズの1000万画素でも最高約3.7枚の連写が可能。動画は、通常の毎秒30フレームの8倍速となる毎秒240フレームで撮影でき、毎秒30フレームのスローモーション再生に対応する。

 カラーはシルバー、レッド、ホワイト、イエロー、ブラックの5色。サイズは幅100.0×高さ54.1×奥行き23.6mm、メモリカード・バッテリを含めた重さは約175g。

オススメの記事