昭文社、スマートフォンとの連携を強化した地図ソフト

ニュース

2010/05/11 11:43

 昭文社は、スマートフォンなどからメールを送信すれば、瞬時に現在地や次の目的地の地図を確認できるPC用地図ソフト「スーパーマップル・デジタル11」を、6月10日に発売する。

昭文社の地図ソフト「スーパーマップル・デジタル11」(全国版)

 インターネット接続なしで、自動車用ルートの検索や季節のイベント情報などを地図上に編集・保存することができるインストール型ソフト。

 2010年4月時点の道路や市町村合併の情報を反映した最新版は、地図描画の速度を向上。また、GPS対応のスマートフォンなどのモバイル機器からメールを送信すれば、現在地の地図の確認や、オフィスから次の目的地の地図の送信ができるなど、連携機能を強化した。複数のモバイル端末との連携も可能。

 価格は、全国1000市区町村以上の市街地図データを収録する全国版が1万5330円、北海道から中部地方までの東日本版と、中部から九州・沖縄地方までの西日本版がいずれも8820円、関東甲信越版が5880円。対応OSは、Windows 7/Vista/XP。

オススメの記事