ソフトバンクM、子ども向けケータイなどストレート型端末2モデル

ニュース

2010/04/27 15:15

 ソフトバンクモバイルは、NEC製の携帯電話として、子ども向けの「コドモバイル SoftBank 740N」とシンプルな操作性をもつ「SoftBank 741N」の2モデルを4月30日に発売する。ともに価格はオープン。新規契約で24回払いの新スーパーボーナスを利用した場合、実質の合計負担額は0円。

コドモバイル SoftBank 740N

 「コドモバイル SoftBank 740N」は、機能を通話とショートメッセージサービス(SMS)だけに絞った子ども用端末。すべての機能を利用できる「大人モード」と、機能を一部制限した「キッズモード」を切り替えることができる。GPS機能で、子どものいる場所が地図でわかる「位置ナビ」を搭載する。防水性能IPX3の生活防水に対応する。

 防犯ブザー付きで、ブザーが鳴ったら、あらかじめ指定した相手にSMSが届く仕組み。本体はストレートタイプで、サイズは幅48×高さ110×奥行き11mm、重さは約77g。カラーはブルーとレッド。キー部分が有色で、液晶画面のある上部はホワイトのツートンカラー。

SoftBank 741N

 「SoftBank 741N」は、「SoftBank 740N」同様、通話とSMSのみに機能を限定したストレート型ケータイ。インターネットやカメラ、外部通信の機能を省き、操作をシンプルにした。SMSの発着信制限や、電話帳に登録した相手以外への発着信制限、電話帳の編集制限など、利用シーンに合わせて設定をカスタマイズできる。

 「位置ナビ」に対応。最大4件まで電話の発信先を設定でき、それぞれの専用ボタンを備える。防水性能IPX3に準拠。サイズは幅48×高さ110×奥行き11mm、重さは約77g。カラーはブラック。

オススメの記事