日本エイサーは、3次元(3D)対応のプロジェクター「X1161A」を4月30日に発売する。価格はオープン。実勢価格は6万円前後の見込み。

X1161A

 3D対応のPCやブルーレイディスク(BD)レコーダーやプレーヤーなど接続することで、立体映像や画像が楽しめる。2Dの投影も可能。3Dの視聴には、3D対応アクティブ・グラスなどを別途購入する必要がある。

 色温度を自動調整する「Acer Color Boost II+ Technology」や、入力信号レベルの違いによって生じる画質のばらつきを自動補正して画質を均一化する「パワフル・イメージ・プロセッシング」、原色と自然な肌色を再現する「HSGカラーチューニング」などの機能を搭載した。省電力や約15秒で投影ができるクイックスタート機能も備える。

 投写サイズは37-300インチで、輝度は標準で2000ルーメン、コントラスト比は40000:1。サイズは幅268×高さ192×奥行き80mm、重さは2.2kg。

 また、フルハイビジョン(フルHD)に対応したプロジェクター「H7530D」を5月下旬に発売する。価格はオープンで実勢価格は16万円前後の見込み。

H7530D

 「Acer Color Boost II+ Technology」や「パワフル・イメージ・プロセッシング」など、「X1161A」と同じ機能を搭載した。3Dには非対応。2Wのスピーカー1基を内蔵する。サイズは幅294×奥行き229×高さ95mm、重さは3.2kg。