エスケイネット、フルHD対応H.264エンコーダー「MonsterHD 264」

ニュース

2010/04/22 14:48

 エスケイネットは、1920×1080p対応H.264フルHDハードウェアリアルタイムエンコーダー「MonsterHD 264」を4月下旬に発売する。価格はオープンで、実勢価格は4万9800円前後の見込み。

MonsterHD 264

 H.264ハードウェアエンコードチップを搭載したフルHD対応のUSB接続ビデオキャプチャユニット。最大1920×1080pに対応したHDMI端子のほか、コンポーネント、Sビデオ、コンポジット端子を搭載。これまで録りためたさまざまな機器の映像をPCに取り込み、高画質・高圧縮のH.264形式で保存することができる。

 ハードウェアエンコーダーは、空間フィルタ、エッジ保存ノイズ抑制フィルタ、モーション適応型時間フィルタなど、高画質を実現する機能を搭載。MBAFFを含むH.264ハイプロファイルをサポートし、ビットレートやGOP、AGC、各種色設定などが詳細に設定できるオプションを用意する。iPodiPhone用のエンコードプリセットプロファイルも用意し、プリセットを選択するだけで、簡単に対応したH.264ファイルを作成することができる。

 従来の「Monster」シリーズのユーザーインターフェースを一新。プレビューウィンドウ上部にカーソルを移動すると自動的にコントロールボタンを表示する「ポップアップコントロール」機能を搭載するなど、従来より操作がわかりやすくなり、動画の取り込み作業がスムーズにできる。

 また、業務用途を想定し、MPEG2-TSからMP4(H.264)へのトランスコード機能を、5月下旬に実施するアプリケーションアップデートで搭載する予定。さらに、法人・業務用途向けに、「MonsterHD 264」を利用したアプリケーション/システム開発向けのSDK開発キットを用意し、5月下旬から提供する予定。

 最大入力解像度は1920×1080p。インターフェースはUSB2.0で、電源はUSBバスパワー。サイズは幅155×高さ120×奥行き30mm、重さは約220g。

オススメの記事