米アップル、第2四半期業績は絶好調で過去最高、iPhoneは前年同期2.3倍

ニュース

2010/04/21 19:56

 米アップルは4月20日(米国時間)、2010年度第2四半期(1ー3月期)の業績を発表した。売上高は前年同期比48.7%増の135億ドル(約1兆2555億円)、純利益は同89.5%増の30億7000万ドル(約2855億円)で、売り上げ、利益ともに過去の第2四半期のなかで最高だった。今四半期(4ー6月期)の売上高は、130億ドル~134億ドル(約1兆2090億円~約1兆2462億円)を見込んでいる。

 第2四半期内の製品別の販売実績は、Macintoshコンピュータ(Mac)が前年同期比33%増の294万台で、「iPhone」は2.3倍の875万台と大幅に増加。一方で、「iPod」はほぼ横ばいの1089万台だった。

 スティーブ・ジョブスCEOは、プレスリリースで「先日販売した『iPad』は大好評。今年中にはさらに素晴らしい製品をいくつか計画している」とコメント。年内に新製品を発売する計画を示した。

オススメの記事