ハンファ、キーボード機能を割り当てられるUSBフットスイッチ

ニュース

2010/04/01 14:50

 ハンファ・ジャパンは4月1日、キーボードの特定のキー操作の割り当てができるUSBフットスイッチ「UMA-FS1」「UMA-FS3」を発売した。直販サイト限定で販売する。価格は、1スイッチモデル「UMA-FS1」が2480円、3スイッチモデル「UMA-FS3」が4980円。

上から、1スイッチモデル「UMA-FS1」、3スイッチモデル「UMA-FS3」

 付属の設定ソフト「FootSwitch-Hid」で、簡単にキーボード機能を割り当てることができるUSB接続のフットスイッチ。キーボードの各キーや、Ctrl、Altを使用したショートカットを割り当て、キーボードの代わりに足でスイッチを押してPCを操作することができる。ただし、英語版キーボードを基本に設計しているために、半角/全角、無変換など、日本語キーボード特有のキーは割り当てられない。

 PCに接続すると、OS上で「HIDキーボードデバイス」として自動認識される。キーボード機能の割り当ての設定はフットペダル本体に記憶するので、他のPCにつないでもそのままの設定で使用できる。対応OSは、Windows 7/Vista/XP。

オススメの記事